お知らせ


[ 2014年06月11日 ]

2日目の午後、血管内セッションの症例です。

summer2014.6.14_pm_ncvc1  summer2014.6.14_pm_ncvc2


[ 2014年06月11日 ]

暑くなってまいりましたので、当日は『クールビズ』といたします。

また、ハンズオンセミナーは定員締めきりましたが、当日の見学(無料)可能です。お時間ある方は是非CEAハンズオンからご参会下さい。CEAハンズオンは千里ライフサイエンスセンター6F会議室で行います。

千里ライフサイエンスセンターへのアクセスはこちら


[ 2014年06月06日 ]

呈示症例のご紹介です。

1日目午後は直達手術ビデオセッション「前交通動脈瘤を極める」

summer2014.6.13

2日目の午前は脳血管外科基本手技3Dビデオセッションです。

summer2014.6.14


[ 2014年05月28日 ]

シミュレーターコース【血管内ハンズオン】定員に達しました。

ハンズオンは全コース定員に達したため、申込締切とさせていただきます。なお、全てのコースで見学をしていただくことは可能です。見学の場合ハンズオン受講料はいただきません。

 


[ 2014年05月21日 ]

血管内ハンズオン、デバイスコースは定員に達しました。シミュレーターコースは引き続き受講者募集しております。


[ 2014年05月14日 ]

CEAハンズオンセミナー (定員12名)はお申込者数定員に達しました。以降のお申し込みにつきましてはキャンセル待ちとなりますので、ご了承下さい。


[ 2014年05月09日 ]

フォーラム2014・サマーご案内リーフレットできあがりました。全国主要脳神経外科施設宛送付しております。お手元に届きましたら、是非ご覧下さい。また、第34回脳神経外科コングレス総会会場にても掲示させて頂く予定です。

 

seminar2014sm
【脳血管外科フォーラム2014サマー リーフレットPDF】


[ 2014年04月21日 ]

デバイスコースは現在日本で使用できる動脈瘤塞栓術用コイルを各社(Stryker, Codman, Kaneka, Terumo, Covidien)取り揃え、それぞれのコイルの特性をベテランの脳血管内治療医にアドバイスを受けながら体感するコースです。
急性期血行再建device (Merci, Penumbra)のデモンストレーションも予定しております。どちらかといえば、血管内治療の術者の経験は少ないが、治療参加経験はそれなりにあり、今 後術者として治療を行う機会が多くなるである、という方を対象と想定したコースになります。

シミュレーターコースはMentice社のVISTというsimulatorを使ったHands on courseになります。
2010年、2011年のJSNETでも行われていたHands onです。国立循環器病研究センターでも実際にこの機器を用いたtrainingを日頃行っております。こちらはこれから脳血管内治療に携わっていこう、という方に、実際の治療の流れと必要なセットアップ、カテーテルやワイヤーの操作について経験していただくのに最適、と考えております。治療内容としてはCASとcoilingのどちらかを行っていただく予定です。


[ 2014年04月17日 ]

お待たせいたしました。Web申込開始いたしました。
ハンズオンにつきましては先着順となっております。
定員を超えた場合には、キャンセル待ちとなります。
当日見学していただくことはできます。
この場合、実習費はいただきません。

お申し込みはこちからから


[ 2014年03月11日 ]

ようやく、フォーラム2014・サマーのお知らせの準備がととのいました。
第9回脳血管外科ビデオカンファレンスと第20回脳血管外科治療セミナー 同時開催です。
「前交通動脈瘤」にテーマを絞り、徹底討論します。
詳細なご案内は来月Webにて公開いたしますので、それまでお待ち下さいませ。
リーフレットはSTROKE2014会場にてご覧下さい。

1394524360_2014

footer