お知らせ


[ 2014年07月18日 ]

第20回脳血管外科治療セミナーのクレジット付与(5点)、本日7月18日に反映が完了いたしました。


[ 2014年06月30日 ]

【ハンズオン全体】

  • 初めてCEAの実習ができた
  • いろいろな器具に触れることができた
  • 剥離の難しさがわかった
  • 丁寧に指導して頂きました
  • 実際の場合に応じたアドバイスをもらえた
  • モデルがよく、講師の先生の説明がわかりやすかった
  • CEAの練習の機会は少ないので満足

【プログラム構成に関して】

  • 講義は少しだけであったが実習中にpitfallの対処など聞くことができた
  • 時間的にちょうどよい
  • 十分練習できた

【人工血管に関して】

  • プラークの剥離などリアリティがあった
  • 実際の感じ非常に近い
  • 実際の血管に比べ、さけやすい印象
  • 人工血管がやや脆かった
  • やや外膜が脆い印象
  • 想像以上にリアルでした

【(今後)参加してみたいハンズオン】

  • バイパス,STA-MCAなど
  • CEA
  • 頭蓋底、CP angle tumor

【その他】

  • とても勉強になりました。また参加したいです

[ 2014年06月22日 ]

脳血管外科フォーラム2014・Summerご参加の先生方へ

先日は標記フォーラムにご参加頂き、ありがとうございました。おかげさまで3日間の日程を、大過なく終了いたしました。代表世話人として、心から御礼申し上げます。国循脳外科スタッフも日常業務の傍ら、精一杯準備を重ねて参りました。至らぬ点も数多くあったと思いますが、何とぞお許し下さい。
今回より取り扱うテーマを少数に絞って集中討議する形態に変えましたが、幸いご好評を頂きましたので、次回以降も同様のコンセプトで開催したいと思います。

当日の模様や直達セッション(1日目)のアンケート結果をWEB上に掲載しましたので、ご覧下さい(http://www.cvdlive.jp)。次回は2015年1月30日(金)~2月1日(日)の開催を予定しております。詳細が決まり次第、上記HPに掲載すると共にご案内のメールを送らせて頂きますので、是非ご検討頂ければ幸いです。

ではまた次回、共に徹底討論しましょう!
 

 

脳血管外科フォーラム2014・Summer代表世話人
国立循環器病研究センター脳神経外科部長
高橋 淳


[ 2014年06月18日 ]

次回へのご要望も多数いただきました。ありがとうございます。次回1月30日(金)、31日(土)、2月1日(日)で開催決まりました。会場は今回と同じ千里ライフサイエンスセンターを予定しております。ご要望にできる限りお答えする形で準備しておりますので、ご意見ご要望ございましたら事務局までご連絡下さい。

・使用している器具の名称もあると良いと思います。

・今回同様にテーマを絞った重点的な講義を頂ければと思います。

・また同様にお願いします。

・次回もピンポイントのテーマをお願いします。

・もう少し多くのパターンを見せて頂きたかった。

・次回も一つのテーマに絞ったレクチャーを希望します。

・AVMが見たいです。

・エキスパートの先生の手術解説を引き続きお願いします。

・次も的を絞ったセミナーのほうが良いと思います。

・SAH症例のビデオもあれば良かったです。

・後頭蓋窩のopeが見たい


[ 2014年06月18日 ]

ご参会の先生方、アンケートご協力ありがとうございました。多数のご感想感謝いたします。

 

・まだ術者としての経験がない学年で、助手として手術に参加している段階なのですが、実際に術者がどういうことを考えて手を動かしているのかが聞けて良かったです。
・大変勉強になりました。
・カットしていないビデオで非常に勉強になった。日常診療に役立てたい
・細かい質疑で参考になった。
・A-com瘤に絞ったビデオを多く観ることが出来、また色々な視点からの講義を頂き、非常に有意義でした。
・編集の少ないビデオなので気になるところが見れて良かった。
・手術の全体像が見れて良かったです。
・粗編集のビデオであり、見せて頂き感謝します。
・A-comというテーマでpterional、inter-hemi、それぞれエキスパートの先生方のご意見を拝聴できて良かった。
・施設間での方針や作法の違いなど、様々な意見がdiscussionの中で聞くことができ、非常に有意義でした。
・ほぼ未編集のビデオを見ることができ勉強になりました。講師の先生方お疲れ様でした。
・エキスパートの考え方が分かって勉強になりました。
・A-comに絞ったアプローチや考え方をまとめて聞くことができて良かった。
・ポイントが絞られており、分かりやすかったです。
・手術をじっくりみることができて、大変勉強になりました。
・手術時あまり上手くいかなかった点も討論されていて、勉強になりました。
・きれいな手術ビデオで勉強になりました。
・長時間のビデオで非常にわかりやすかった。
・色々な施設のconceptの手術が聞けて面白かった。
・手術を未編集で見れるのがよかった。


[ 2014年06月15日 ]

2014年6月15日は 血管内治療ハンズオンセミナー デバイスコースはインストラクター1名に受講生2名、25分毎テーブルを移動していただく形式でのハンズオンでした。インストラクターとほぼマンツーマンで指導を受けることができるのが本セミナーの特徴です。

2014/6/15_2 2014/6/15_1


[ 2014年06月15日 ]

2014年6月14日 2日目は会場を国立循環器病研究センター新館講堂にて、直達手術3Dビデオセッション(午前)・血管内治療セッション(午後)

これまで、3Dではお見せしたことのなかった、STA-MCAバイパス術、AVMを呈示。血管内治療セッションではアナライザーを用いた参加型のレクチャーを開催いたしました。
2014/6/14_1 2014/6/14_2


[ 2014年06月15日 ]

2014年6月13日 第9回脳血管外科ビデオカンファレンスの様子です。

今回からテーマをしぼり、徹底討論。前交通動脈瘤で盛り上がりました。

 

2014/06/13_1 2014/06/13_2 2014/6/13_3 2014/6/13_4


[ 2014年06月12日 ]

呈示症例に一部変更あります。2日目の血管内治療のセッションです。

ATBIに対する急性期血行再建-どう判断し、何を用いるか? (Round table discussion)

Case 6: ICA tandem occlusion(症例提示:国立循環器病研究センター)

Case 7: MCA occlusion(症例提示:国立循環器病研究センター)

Case 6: ICA (C4) occlusion(症例提示:国立循環器病研究センター)

Case 7: ICA (orifice) + M1 tandem occlusion(症例提示:国立循環器病研究センター)


[ 2014年06月12日 ]
ご参会の先生方にお送りしているプログラムに一部変更があります。 イブニングセミナーは17:30から、情報交換会は19:30からの開始となります。

 

 

footer